ひよこ広場の様子を紹介します。
<< ひよこ広場だより 2019.11月号 main さつまいも掘りを楽しみました〜! >>
ママとあかちゃんのムーブメント

10月24日(木)、「ママとあかちゃんのムーブメント」を開催しました!

講師は立石寿子先生。(右側の方です。)

立石先生は長年、保育園の園長として勤められ、現在はひよこ広場の乳幼児発達相談のアドバイザーとしてお越しいただいてます。

 

「ムーブメント」についてふれたいと思います。

「ムーブメント教育・療法」とは、遊びたくなる・動きたくなる環境を用意して、からだ(動くこと)・あたま(考えること)・こころ(感じること)の調和のとれた発達を支援する方法のことを言います。

立石先生は、ムーブメント教育に携わってこられたすごい方なのです!

 

今回の講座の参加者は、今年度数回開催された立石先生の講座に続けて参加されている皆さんです。現在 生後7か月〜11ヵ月のお子様たち。

生後2〜3か月の頃からこの講座で知り合われました。

 

まずは風呂敷遊びから…

いないいないばぁをしたり、ママさんたちが風呂敷を上下にふわっと動かすことで風が出ます。その風を体で感じる…という遊びです。それがムーブメント!

 

風呂敷を数枚結んで1枚の大きな布を作りました。

バルーン遊びのように風呂敷の下にハイハイで入る子ども達。

自分で動いて楽しんでいます(#^.^#)

 

後半は手作りおもちゃを作りました。

乳性飲料の容器にBB弾を入れたマラカスを紹介してくださいました。

BB弾は最近はカラフルなものが100均で手に入るそうです。

この乳性飲料の容器を使ったおもちゃをもう一つ。

水と洗濯のりを合わせてそこにキラキラのスパンコールなどを入れる…そうするとゆっくりとキラキラが流れるのが見えるのでお子さんは喜びます。

どちらも手軽にできそうですね!(^^)!

 

もう一つのおもちゃは、ミルク缶の容器を使ったものです。

大・中・小の穴の開いたボールに工業用の糸を通してミルク缶のふたに通します。その糸に、おもりに見立てた乾電池を括り付け、乾電池と糸が取れないようにグルグルとビニールテープを巻きつけます。

ボールを引っ張り、離すとおもりの力でボールが元に戻る…という仕組みです。

仕組み通りに遊ばなくても、子ども達は触れてみて楽しい遊びを思いつくはずです。

ボール同士をカンカンと合わせて音を出している子もいましたよ!(^^)!

子ども達が思いついた遊びをさせてあげるのも大切ですね!

 

ママさんたちにも早速作っていただきました!

 

ママさんたちが作っている足元に入ってじっと見守るお子様も…(笑)

おんぶをしながら作るママさんもいました。午前中ですからね。眠くなるお子さんもいます(#^.^#)

早めに作り終えた方は、他のお子さんをあやしながらみんなで協力し合いました。

とってもイイ雰囲気です!!

 

買ってきたおもちゃも良いですが、手作りおもちゃは愛着がわきますね。

こうした手作りおもちゃは 親子のコミュニケーションの手段の一つです。親のそばで一緒に遊んでいただき、うんとふれあってくださいね。

こうして制作できる時間を設けたことで、参加された皆さん同士がお子さんを見あったり、あやしたり…そういう時間がとても素敵でした。

また、講師の立石先生をはじめ、ひよこ広場の所長、参加してくださったKちゃんのおばあちゃんもこの講座に参加してくださり、世代間交流ができたとても良い時間でした。

13:18 子育て講座 -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Search
Link

Mobile
qrcode