ひよこ広場の様子を紹介します。
<< 今月のアロマ教室 main 12月のひよこひろばだより >>
子育てマイスター講座 〜冬に向けての養生〜

11月8日(火)、子育てマイスター 三嶋百合子先生による子育て講座が開催されました〜!!

こちらが助産師の三嶋百合子先生です。

ご自宅で「三嶋助産院」を開院されていらっしゃって、地域で御活躍です。ひよこ広場でもママさんたちの強い味方ですSMILY

 

生後2か月〜5か月のお子さまたちとママさんたちきらきら

産後間もないということで、腰の痛みや肩の痛みを訴えていらっしゃいました。

これから冬本番。寒さにどのように対応していったらよいのか、どのように過ごすと良いのか、ケアの仕方等を教わりました。

 

三嶋先生のお話…

「『養生』とは字のごとく、生きて養うということです。

日本には四季というものがありますが、それに合わせて自分の体をケアしていくこと、それが養生です。

夏は暑さをしのぐ為に「食」で対応するのが良いとされています。

きゅうりやトマトなどの夏野菜には 体を冷やす効果があると言われています。夏の暑さで火照った体を、それらを食すことで体温を下げるというもの。

その食生活を冬にも取り入れていると、必ず体調を崩すでしょう。

きゅうりやトマトはハウス栽培で年中スーパーで売っていますからね〜ちゅん

でもやはり冬は根菜類を食べて体の中を温めていく必要があります。

例えば大根・里芋・かぶなどなど…今が旬と言える野菜を多く摂取して体の内側からケアしていくことも大切です。

 

こうした季節の変わり目は、自分の体調を今一度見直す機会だと思います。

どこがどのように痛いのか、どのように体調がすぐれないのかなどを見つめなおしてみましょう。

 

冬は体を温めることが大切です。

お風呂につかることが一番良いのですが、簡単にできるホットタオルがおすすめです。

局所的に温めるとスッキリしますよ。

熱いお湯で濡らしたタオルを絞り、ビニール袋にいれます。これでホットタオルの完成です。

お湯を沸かしたり、ポットのお湯などは非常に熱いので火傷の恐れがあります。もっと簡単な方法は、普通に水でタオルを濡らして絞り、レンジでチンをしてビニール袋に入れるという方法。手軽にできるのはレンジのほうかもしれませんね。

 

 

「首」と名前がつく部位を温めると良いです。首・手首・足首…

こうしてホットタオルで温めても、冷え性の方はきっと手足はなかなか温かくならないことが多いかもしれません。そんな時は手や足をブラブラと振ってみましょう。30回くらい。振ることで血液の流れが良くなり温かさを取り戻すことができますよ。

 

先ほども言いましたが、食事に気を付けることが大切なことです。

大根・白菜などの季節のものを食べましょう。黒豆、ひじきなど色の濃いものも良いですね。

この時期、麦茶は良くないです。体を冷やしてしまいます。

芋類なら里芋が良いですね。

便秘の人はお腹が冷えやすいです。冷えるから下痢になるか…というとそうではなく、冷えることで腸の働きが悪くなり、便秘になります。お子さまの中でも、この時期便秘に悩む子もいます。それは冷えからくるものがほとんどなんですよ。

「サツマイモなどの芋類を食べさせているのに便通が良くない」と言われるママさんもいますが、それでは腸は詰まってしまいます。

やはりこの時期なら大根が便通には最適です。大根の葉も栄養たっぷりですから、炒め物やご飯と混ぜてチャーハンにしても良いですね。風邪もひきにくくなりますよ。」

 

以上が三嶋先生がお話してくださった内容です。

そのほか、「夜間断乳」について話してくださったり、「たんぽぽコーヒー」についてお話してくださったり…

アットホームで和やかな雰囲気で進んだ三嶋先生の子育てマイスター講座★

皆さんも一度、ご自分の体の状態を見直して、旬の食材を食べ、体のケアをし、冬を乗り切りましょう!!

 

次回の三嶋先生の講座は「冬から始める離乳食について」の話&育児相談 です。

要予約となっています。

対象は、生後4ヶ月後半から6ヶ月後半で、お一人目のお子さまが対象となります。

御予約・お問い合わせは ひよこ広場まで御連絡ください。

Tell:0776−36−0064

 

13:59 子育てマイスター講座 -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Search
Link

Mobile
qrcode