ひよこ広場の様子を紹介します。
大人気!えいごリトミック★

10月27日(金)、「えいごリトミック」の子育て講座が開催されました〜びっくり

えいごリトミックの御案内を出してから、「参加したい!」というお問い合わせのお電話や来所しての質問などが数多くあり、皆さんの「英語」への関心の高さがよくわかりましたちゅん

 

講師は 月田 綾先生苺ひよこ広場のえいごリトミックではおなじみとなりました♪

そしてピアノ講師・リトミック講師をされている牧 美香先生苺

お二人とも、ハロウィンということで、ネコミミにかわいいエプロンを付けて登場してきてくれましたアンパンマン

ひよこ広場に遊びに来てくれたお子さまの中にもハロウィンの衣装ハロウィンの子がびっくり

正面からのお写真は撮れなかったのですが、0歳のあかちゃんですちゅん

今日の講座に合わせて着てくれたんですよ〜アンパンマン

 

えいごリトミックの内容も「ハロウィンハロウィンハロウィン」を意識したもので、とても楽しかったですあ

英語の歌をうたったり、みんなで歩いたりまねっこしたり…ちゅん

月田先生の英語も簡単でとてもわかりやすくて、英語に親しみを感じました〜わらう

0歳のあかちゃんも2歳のお子さまたちもみんな楽しそうあえへ

 

お面の絵本も英語で読んでくださいましたSMILY

仕掛けの中からハロウィンにちなんだモノが出てきましたハロウィン

 

かわいいタンバリンと鈴を持って合奏もしました〜♪

最後は牧先生がアルトサックスの演奏をしてくださいましたちゅん

お腹にスーッと響くような、落ち着いた音色でひよこ広場中に響き渡っていましたちゅん

本当にステキな演奏で、ザワザワとおしゃべりしていた子ども達もこの時は 一瞬 時が止まったかのようにシーンとなりましたちゅん

本物の楽器の音色を聴くとても良い機会となりました★

 

「英語」が重要視されているこの時代、こうした小さな時期から英語に触れる時間があるということはとても良いと思いました。わかりやすく、そして楽しく親子で英語に触れられる…これが月田先生と牧先生の「えいごリトミック」のステキなところだと感じました。

これがきっかけで「英語」に興味が持てたら、さらに幅も広がって親子で楽しく学べるのではないでしょうかSMILY

11:16 子育て講座 -
災害時は…

9月16日(土)、日本赤十字社福井県支部 幼児安全法指導員の吉岡光枝先生にお越しいただき、『災害時の乳幼児支援」についてのお話を聞きました。

吉岡先生は長年看護師として勤められ、現在は様々な被災地へ出向き、支援活動をなさっています。そういった経験をもとに、乳幼児に対する支援の大切さや知っておくと役立つ情報や方法を各施設で教えてくださっています。

 

被災地での、お母さん方からの声やお子さまたちの様子を語ってくださいました。

私はまだ大きな災害に出会ったことがなく、吉岡先生の話に聞き入ってしまいました。

今、災害が起こって息子と娘を抱えて避難することになったら…と考えると、とても想像できません。

避難所での生活の様子も教えてくださったのですが、小さいお子さん連れの避難はとても大変とのことです。

 

その中で、レジ袋を使った緊急時のオムツの方法や大判のバスタオルを使った抱っこの仕方、ホットタオルを使った清拭方法などをレクチャーしてくださいました。

来所されたママさんたちにも実際にホットタオルの体験をしていただいたり、バスタオルの抱っこを体験していただきました。

参加された方々、皆さん真剣に話を聞いていらっしゃいました。

いつどんな時に災害がくるかわかりません。

そういったときに、こうした知識を頭に入れておくときっと役立ちますね。

いつでも避難ができるように持ち出し袋を日頃から準備しておきましょう。

子ども連れの避難の仕方などを今一度ご家族で再確認することも大切ですね!

14:14 子育て講座 -
楽しい「作る」講座☆

新しい年度となり、入園された方々も少しずつ新生活に慣れてきた…という頃でしょうか。

ひよこ広場でも上のお子様が入園されて、その様子をうかがうたびに、お子様もママさんも少しずつ生活リズムが安定してきたのがわかります。

不安なことや疑問も多いと思います。そんな時はひよこ広場にいらっしゃって、スタッフとおしゃべりしませんか?

きっと心が軽くなるはず…kyu

 

 

さてさて…

新年度ということで、ひよこ広場でも新たな試みで、今までにない講座を開催しています。

先週は「あみぐるみ講座」を開催しました〜にた

写真中央にあるひよこのあみぐるみが、この日製作したものですき

この写真しかなくて…

スタッフもバタバタしておりまして、写真を撮る余裕がありませんでしたゆう★

 

講師は手作り小物でおなじみの深草早苗先生☆

深草先生が手取り足取り(笑)教えてくださいますちゅん

参加されたママさんたち。とっても楽しそうでしたよkirakira2

 

 

そして今日は…

「土粘土で手形・足型づくり」と題して講座を開催しました〜!

講師は、酒井喜久代先生くま

森田出張ひろばで出会ったというご縁で、こちらのひよこ広場にもお越しいただきました。

参加されたママさんたちが挑戦しているのは土粘土で手形・足型づくりちゅん

まずは土粘土をこねて、平らな形にまで伸ばします。

それから、お子様の手形か足型をとります。

好きな模様やお子様のお名前、日付などを書いていきます。

1日 ひよこ広場で乾かして、あとは酒井先生がご自宅の窯で素焼きし、その後釉薬を塗ってさらに焼き上げます。

出来上がると、手形・足型のところに釉薬の照りが出て、とっても素敵な仕上がりです〜顔文字

焼きあがるまでに2カ月を要します。出来上がりましたら、参加者の皆さまにお電話をしますね〜四葉のクローバー

 

2歳のお子様たちは、一緒に土粘土をこねたりしてママととても楽しそうに作っていらっしゃいました☆

親子で一緒にできるということはとても良い経験ですね〜おかお(幸せ)

 

こちらの講座は材料代として参加費を徴収する形でした。

ですが、あみぐるみの講座は無料ですので、その辺も参加される方は要チェックしてください!

また、あみぐるみ講座や手形・足型講座は、ひよこ広場に遊びにきていただいて予約していただく講座となっています。

来月は「お祝い箸袋づくり」の講座を予定しているのと、毎月第一月曜日はアロマ教室も開催しています。

そちらの教室もひよこ広場にお越しいただいて予約を受け付ける…という形ですので、参加希望の方はぜひ一度ひよこへお越しください。

酒井先生の「土粘土で手形・足型づくり」は次回は10月に予定しています。またチェックしてくださいね顔文字

10:07 子育て講座 -
バイリンガルリトミック

18日(金)、子育てマイスター 月田 綾先生にお越しいただき、「バイリンガルリトミック」と題して子育て講座を開催しました〜!

向かって右が月田先生ハート左にいらっしゃるのが小林先生ですきらきらピアノ講師・リトミック講師をされていらっしゃいます。

バイリンガルリトミックはこのお2人で進めてくださいます★

 

爛丱ぅ螢鵐ル瓩箸いΔ海箸如皆さん興味津々びっくり

たくさんの親子のみなさんが来てくださいました〜あ

音楽を通して親子で楽しく英語に親しむ…という目的のバイリンガルリトミックちゅん

楽しそうにふれあう親子の皆さんの笑顔が見られて よかったです〜ちゅん

 

そして最後は小林先生がフルートの演奏をしてくださいました苺

とってもステキな音色に ホッと一息できました〜heart

 

簡単な英語でのリトミックでしたので、気負うことなくできました。聞いたことのある歌も多数出てきたので、教えていただいたことをご自宅で口ずさめそうですねえへ

 

13:20 子育て講座 -
保健師による健康相談&ママのからだのお話

14日(月)、保健師の栗田みさ子先生をお招きして「健康相談・身体測定&ママのからだのお話」と題して、相談会と講座をしてくださいました。

 

栗田先生は奇数の月の体位測定の時に、定期的にお越しいただいています。

体位測定をしながら、お子さまの発育で気になることなどを相談できますちゅん

栗田先生とお話したい…と、必ず来所される親子の方もいらっしゃいます。

相談したことに的確にアドバイスをくださるので、ママさんたちにとってはありがたい存在ですSMILY

 

今回は、「ママのからだのお話」と題して、健康診断の大切さや乳がん検診・子宮頸がん検診の重要性のお話をしていただきました。

わかりやすくフリップを作ってきてくださった栗田先生手

それを見ながら丁寧に丁寧にお話してくださいました。

 

子育て中、自分のからだをいたわるということは なかなかできません。

やはり常に子ども優先になってしまいがちです。

ですが、ママが健康であってこその子どもであり、家族であると思いますSMILY

忙しいとは思いますが、ぜひ時間を作っていただいて 検診に出掛けてみてくださいびっくり

10:09 子育て講座 -
9月のリトミック&コンサート♪

9月26日(月)、毎月恒例の「リトミック&コンサート」を開催しました〜!

講師は、内田由佳先生虹

ピアノ講師・リトミック講師をされていらっしゃいます。

 

いつも最初は「おはながわらった」を歌ってお子さまたちとふれあいます苺

かわいい手袋でタッチします♪

毎回している「まんまるちゃん」の手遊びも大好評!!

内田先生が出してきてくださる動物に合わせてリズム打ちをします。

2歳・3歳のお子さまはとっても上手〜アンパンマンさすがですゆう★

 

 

年齢ごとに教えてくださる おやこリトミック♪

リズムを楽しみながら、親子でもふれあいますちゅん

スカーフを使い、音楽に合わせて ふんわりと投げたりして遊んだりしました〜SMILY

 

内田先生のフルート演奏も聴きました★

 

最後は恒例の楽器演奏!!ドラえもんの曲に合わせて鈴やカスタネット、マラカスを鳴らして楽しみました〜♪

 

毎回、親子の楽しい時間を提供してくださる内田先生虹

10月1日(土)は、プロのフルート奏者 辻 由記子先生とのコラボです♪

午前10時50分頃から始まりますちゅんお時間のある方はぜひ聴きにいらしてくださいね〜!

 

14:02 子育て講座 -
保健師による健康相談&身体測定

9月12日(月)、保健師の栗田みさ子先生にお越しいただき、身体測定と健康相談を実施しました〜!

普段は奥の和室で開催しているのですが、今回はホールで実施しました〜SMILY

玄関入ってすぐがホールですから、目につきやすく気軽に体位測定できましたkyu

 

栗田先生には奇数月にお越しいただいていますkyu

お子さんの発育で気になることなどをご相談できますよkyu

スタッフの栄養士もその場にいますので、食事のことや栄養面でも御相談くださいね〜手

13:37 子育て講座 -
元気な足のつくり方の話と実践〜正しい足教育と足知識〜

9月3日(土)、土曜開放の日★

11時から子育て講座を開催しましたSMILY

「元気な足のつくり方の話と実践〜正しい足教育と足知識〜」と題して講演いただいたのは…

 

福井市松本にあります、ひびき整骨院の院長 齊藤豪先生ですきらきら

爽やかで優しそうなイケメン先生ですくま笑

 

これからの季節、外に出て体を動かす機会も多くなりますねちゅんその時にお子さまに合った靴を選んであげたいと思いますよねキラほし

今回、齊藤先生にはお子さんの発達・発育に密接にかかわっている足についてお話していただき、最終的にどのような靴を選ぶと良いか…というところまでお話していただきました★

 

齊藤先生のお話から…

人間の身体というのはたえず入れ替わっています。「お変わりありませんね」と挨拶することがあるが、日々人は進化しているんです。

五感の発達は3歳くらい、運動能力は8歳くらい、前頭葉は9歳くらいまでに土台が出来上がると言われています。

体を動かすことで活発化します。

あかちゃんのハイハイも大切な運動です。四つ這いは足や腕、お腹や背中の筋肉を発達させます。しかし、ハイハイの時期や形は赤ちゃんによって様々です。

大人は土台が完成していますが、子どもは常に変化しています。

 

今日の本題である、足の話に移ります。

なぜ足は大切だと思いますか?

足は 家でいう「基礎(土台)」の部分になるからです。

足の骨は4歳くらいから少しずつ硬い骨になっていくと言われています。3歳くらいまでは軟骨のような状態なのです。6歳〜7歳くらいで土台に近づいていきます。

よく親御さんで相談されるのが、O脚・X脚で悩んでいると言われる方が多いです。もしお子さんがO脚・X脚であるならば、3歳〜6歳くらいまでに治してあげることが大切です。

 

足が大きくなる速さは、3歳で半年で1僂噺世錣譴討い泙后7い鯒磴い覆す目安として覚えておかれると良いですね。

 

足の裏には大切な感受性があります。

ベビーマッサージというのが盛んにおこなわれていますが、その際、足の裏を優しくマッサージするというのがありますね。たくさんのツボがあり、神経につながっていますので、あかちゃんのときから足の裏を刺激してあげると良いですよ。

 

最近、外反母趾という子が大変多いです。外反母趾は進行していくものなので、改善してあげるべきです。

運動器症候群という高齢者に多い病気がありますが、最近は子どもにも増えています。運動することが少なくなってきたから足をうまく使えないという子が多いようです。

歩き方がおかしい子も多いですね。

歩くというのは基本の動作です。歩くことで全身が育ち循環します。歩き出すと目の前が広がり、言葉も広がります。

 

定期的にお子さんの靴底を見てみてください。内側が削れているものは要注意です。

中敷きがあるものを選びましょう。中敷きは大人の指1本分の隙間があるサイズを選ばれると良いです。

あと、つま先が曲がる靴底が良いですね。

靴選びは夕方のほうが良いでしょう。朝と昼では足の形も違いますから。

 

日々、足の裏に いっぱい刺激をしてあげましょうね!

 

ザーッとですが、以上が齊藤先生の講座のお話でしたちゅん

 

パワーポイントを使いながらお話してくださって、その中で大人が取り組めるちょっとしたテストも取り入れてくださいましたおかお(幸せ)

右手で鼻をつまんで、左手で右の耳をつまんで、先生の合図でその手を入れ替える…というテストや…

両手を広げて目をつぶり、片足で30秒間立つ…というテストもしました汗これができないできない泣

 

齊藤先生のお話を聞きたいとたくさんのパパ&ママが来てくださいましたてれネコ

お話の後はみんなでアンパンマン体操をしました〜!もちろん齊藤先生もハート

「一緒に踊ってください顔文字」のお願いに、かなり恥ずかしそうにしていらっしゃいましたが、オレンジ色のポンポンを持って踊ってくださいました笑

 

体操の後は質問タイムおかお(幸せ)

あまり時間がないとおっしゃられた齊藤先生でしたが、時間の許す限り、精一杯パパ&ママの質問に答えていらっしゃいました。

お子さんの大切な足育てのお話。なかなか聞く機会はないですから、とても貴重な時間でしたくま

私自身も子どもの靴選び、足育てのお話も参考にさせていただこうと思います★

齊藤先生、お忙しい中 ありがとうございましたてれネコ

 

10:36 子育て講座 -
新年度の入園についてのお話

9月となり、いよいよ来年度の入園に向けた申請の時期が近づいてきました〜kyu

 

1日(木)、福井市子育て支援室から岡田地域保育専門官にお越しいただき、「園生活の様子と新年度の入園についての話」と題してお話していただきました〜ひらめき

来年4月の新年度から入園をお考えの方が、岡田先生の話を聞こうとひよこの部屋に集まりました。お部屋に入り切らず、廊下やホールでも話を聞いている方もいましたよゆう★

新制度が本格的に施行され、入園に関することも少し難しくなったかもしれませんね。お一人目のお子さまだと特にどのようにしたらよいかわからないことだらけかもしれません。

 

まずは園でのお子さまはいったいどのように過ごしているのか、DVDを上映し観ていただきました★

 

その後は入園までの流れや受付期間等をお話してくださいました。

ゆっくりと丁寧にわかりやすくお話してくださいましたよちゅんそれでもやっぱり個別に聞きたい事はあるものです。お話が終了してからも個別の相談にも応じてくださいました★

 

今回お話を聞けなかった方も、入園の申請等に関してわからないことがあれば、福井市子育て支援室までお問合せください…とのことです。わからないことはすべて答えてくださいますよheart

 

大切なお子さまを預ける大事な時期です。納得のいくまで考えて相談されると良いと思います★

11:27 子育て講座 -
冬からはじめる離乳食
三嶋百合子先生にお越しいただき、「冬からはじめる離乳食」と題して講座を開催しました〜!

三嶋先生は子育てマイスターで助産師でいらっしゃいますきらきらご自宅で助産所を開いていらっしゃいます☆食事に関することも勉強なさっていて、以前は地元で離乳食教室を開いていらっしゃいました。

夏にも離乳食の講座を開催しましたが、とっても好評でしたちゅん
今回は、生後4ヶ月前半〜6ヶ月後半のお子さまを対象にさせていただきました。この冬から離乳食をスタートしようとされるお子さまとママに向けてお話をしていただきたかったのですkyu

初めてのお子さまだと、どのように離乳食を始めたらよいか、どのように進めていったらよいか迷いますよね。
前回と同様、三嶋先生がお手本を用意してくださって実際にママさんたちに見ていただきました☆


今回作ってきてくださったのは…
*サツマイモのお粥
*大根と里芋の煮物
*りんごの葛湯

この時期、感染性胃腸炎などが流行していますので、ママが試食するかどうかは御自分で判断していただきました。


「おいしい〜!」とママさんたちちゅん
昆布や鰹のお出汁も効いていて、大人が食べてもとてもおいしかったです。

ママが試食している様子をじーっと見つめるお子さま笑ママがが口を動かすたびに一緒になって口を動かしていました笑

三嶋先生は…
おっぱい(ミルク)の回数を少しずつ減らしていきましょう。だらだらとあげていては赤ちゃんが空腹になることがありません。
「口を開けてくれない」「2〜3口で遊びだす」というのはお腹が空いていないからです。離乳食の初めは舌で押し出してしまうことが多いものです。嫌がるからおっぱいをあげるのではなく、根気強くあげていきましょう!

季節の野菜には意味があります。冬なら大根・白菜・里芋・蓮根など体を温めてくれたり整腸作用があります。夏には夏の野菜の意味がありますので、その時期にあった季節感の感じられる食卓にしてあげてくださいね。
と、おっしゃっていました。

講座の最後、参加してくださったママさんから質問がありました。
Q:離乳食を食べた後、おっぱいをあまり飲んでくれません。どうしたら良いですか?
A:離乳食後におっぱいを飲まなくなったのは、離乳食でお腹がいっぱいになっているということ。離乳食とおっぱいをセットで考えてはいけません。食後に飲ませなくても、次に泣いたとき「お腹が空いたのかな?」と考えて授乳してみてはどうでしょう。


今回は5組の親子の皆さんが参加してくださいましたheart
お話の間、ベビーちゃんたちはとってもイイ子で待ってくれていました〜あは


離乳食、なかなか大変だと思いますが、根気強く頑張ってみてくださいね手
13:03 子育て講座 -
1/2PAGES >>
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Search
Link

Mobile
qrcode